明日に向って寝て!

映画とか、本とか、アイドルとか、旅行とか。基本的にネタバレします。

『エージェント・ウルトラ』

f:id:j04401:20160131154822j:plain

原題:American Ultra
監督:ニマ・ヌリザデ
製作年:2015
製作国:アメリカ

あらすじ

アドベンチャーランドへようこそ」でも顔をあわせたジェシー・アイゼンバーグクリステン・スチュワートが再共演を果たしたアクションラブコメディ。CIAが極秘裏に行っていたと言われるマインドコントロール・プログラム「MKウルトラ計画」を題材に、ダメ男が最強エージェントとして覚醒することから起こる騒動を描いた。日々をのらりくらりと過ごしてきたダメ男のマイクは、恋人フィービーに最高のプロポーズをしようと決心するが、なかなかうまくいかない。そんなある日、アルバイト先のコンビニで店番をしていたところ、謎の暗号を聞かされたマイクは、眠っていた能力が覚醒。スプーン1本で2人の暴漢を倒してしまう。実はマイクは、CIAが極秘計画でトレーニングされたエージェントだった。マイクは、計画の封印を目論むCIAに命を狙われることになるが……。(映画.comより)

キャスト、スタッフ

監督はイギリス人のニマ・ヌリザデ。映画でのキャリアはそれほど長くなく、本作で2本目。MVとかを撮ってキャリアを築いた監督。
不勉強ながら前作の『プロジェクトX』は未見。ネットでの評価は可もなく不可もなくって感じですね。。。

主演の記憶喪失のボンクラスパイ、マイクを演じるのはジェシー・アイゼンバーグ。演じる役は天才肌のボンクラが多いイメージなので、今回はまさにそのイメージからの抜擢なんですかね。
彼はもうすぐ日本でも公開される『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でスーパーマンの宿敵レックス・ルーサー役が決まっており、予告編でも"The red capes are coming...red capes are coming!"と楽しそうに演じる様子が印象的。

マイクの恋人フィービー役にはクリステン・スチュワート。アイシャドウ濃いめの暗い顔した美人で、トワイライトシリーズで一気に超有名に。
俺的には『ランナウェイズ』でジョーン・ジェットを演じてたのが強く記憶に残ってます。なんか、いつでも目の周りが黒い役ばっかりですね。
本作ではヤク中の貧乏白人の役がぴったりハマってるのがなんだかおかしかったです。

CIAにはエイドリアン・イェーツ、ビクトリア・ラセター。上官にはまさかのビル・プルマンインデペンデンス・デイホイットマン大統領ですよ!
彼は今年の夏に公開されるインデペンデンス・デイの続編にも出演するらしいです。

マイクの友達のチンピラ役はジョン・レグイザモ。こう言う胡散臭い役やらせたら天下一品ですね。
他にもCIAの戦闘員にウォルトン・ゴギンズなど、割とまっとうなキャスティング

ホームセンターでの環境利用闘法

ここ最近はやたらスパイ映画が続いてます。
これもCIAのMKウルトラ計策を題材にした映画ということで、スパイ映画と言ってもいいんじゃないでしょうか。
記憶喪失の男がなぜか襲われて、戦ってみたら超強くて、実は凄腕スパイでした。ってストーリーを聞くとどうしても思い浮かぶのが『ボーン・アイデンティティー』から始まるボーンシリーズ。
このシリーズは今やスパイ映画、アクション映画の金字塔と言ってもいいくらいの存在であり、数々のフォロワー映画が製作されました。
スパイ映画本家大元の007シリーズにすら影響を及ぼしたり。

しがない一般人だと思ってたら実は超強くて。。。ってプロットの映画は昔から多くて、要は僕たち一般市民の鬱憤をわかりやすく晴らしてくれるストーリーなんでしょうね。
最近だと『96時間』とか『ジョン・ウィック』とか。
数多くある"実は強かったです"映画の中でも一番強く連想したのは『イコライザー』。
これは娼婦に重傷を負わせたロシアン・マフィアを、元CIA工作員で現一般市民のおじさん・ロバートがボッコボコにするという話なんですが、戦い方が今回の『エージェント・ウルトラ』のマイクと似てるんですね。
ロバートもマイクもその辺にあるものを即興で武器として使うんです。まさに環境利用闘法!ガイアさん!
どちらの作品でもクライマックスの戦いの舞台はホームセンターで、置いてある工具やらなんやらを武器に敵を爽快に蹴散らしていきます!
そう、誰しもホームセンターに行ったら必ず妄想する「ここで戦わなくちゃいけなくなったら、これを武器にして…」を映像として見せてくれるのです!
本作ではこのホームセンターでの戦いをかなりの長回しで撮っていて、その緊張感ある映像が最高でした!
次は何を使って敵をぶっ殺してくれるんだろう!?ってワックワクしながら観ることができます。

感情の動きのズレ

とまぁ、クライマックスの戦闘シーンは楽しかったのですが、お話には実はそれほどノれなくて。
ストーリーテリングの順序に結構問題がありそうだなーって思いました。

主人公マイクの感情の動きと観客の感情の動きにズレがあって、それが結構鑑賞ストレスなんです。
映画の結構早い段階でマイクの正体が語られてしまうので、マイクの戸惑いや驚きを観てる側が共有できないんですね。

「なんか急に襲われたんだけど、なぜだか体が勝手に動いて簡単に殺しちゃった!?俺、いったいどうしちゃったの!?」っていう映画的にすごく面白くなるシーンの前に、観客にはマイクの正体が説明されちゃってるので、こっちとしては全然驚けないというか。
「あー、はいはい、わかってるよ。さっき言ってたあれでしょ」って気分にしかなれず、マイクの驚きや戸惑いを共有することができないんです。
そうやって物語の重要な展開にノれないまま話が進んでしまうので、頭はずっと冷静なままでして。
そのせいか、やたらとストーリーと粗が目に付いちゃったりして終始ノれないままの鑑賞となってしまいました。


ここのところアカデミックだったり見てるのがキツい映画ばかりだったので、ここいらでスカッと楽しいアクション映画を観たかったのにちょっと残念でした。

でもクライマックスのアクションシーンは楽しかったので観る価値はあるかと!

参考リンク

記憶を失ったスパイといえばこの映画。

元CIAの工作員がホームセンターで大暴れ!