明日に向って寝て!

映画とか、本とか、アイドルとか、旅行とか。基本的にネタバレします。

『アイアムアヒーロー』-和製ゾンビ映画の金字塔!吹き出す血飛沫、飛び散る脳漿に戦慄せよ!

f:id:j04401:20160504183100j:plain
監督:佐藤信
制作年:2016年
制作国:日本

あらすじ

鈴木英雄(大泉洋)35歳。職業:漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。
そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして世界は崩壊し、姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に向かう英雄。その道中で出会った女子高生・比呂美(有村架純)と元看護師・藪(長澤まさみ)と共に生き残りを賭けた極限のサバイバルが始まった…。果たして彼らは、この変わり果てた日本で生き延びることが出来るのか。そして、英雄は、ただの英雄(ひでお)から本当の英雄(ヒーロー)になれるのか!?(公式サイトより)

原作『アイアムアヒーロー

原作を書いてる花澤健吾の漫画はかなり好きで、単行本が出てるものは全て読んでます。
特に好きなのは『ボーイズ・オン・ザ・ラン』なんですが、連載中の『アイアムアヒーロー』も大好き。
途中ちょっとダレた時期もあったけど、最近はクライマックスに差し掛かっていて最終的なテーマみたいなものも見えてきました。
映画を観るにあたって最初の10巻くらいを再読したんですが、クライマックスの展開は連載初期から決まっていたことが伺えて思わず唸りました。

アイアムアヒーロー』の原作を読んでてずーっと思っていたのがコマ割りがすごく映画的ってこと。
構図やカメラワークが映画でよく見るものに近くて、映画用の絵コンテみたいだと思って読んでいました。(著者のtwitterを見てるとすごく映画好きみたいなので、絶対意識していると思う)
そういった意味では映画化の話を知った時は楽しみだったんですが、不安要素が3点ありました。

まず、グロ表現。
とにかくそういった表現を自主規制しがちな日本でゾンビ映画ってどうなんだろうっていう不安。
グロ表現がヌルいゾンビ映画なんて観ても仕方ないですからね・・

次が話の展開。
漫画の方で最近明らかになってきたテーマなんですが、これがかなり壮大なものでした。
これを映画でやるとなるとかなり表現が難しいはずなので映画オリジナルの展開にするのは明確でした。
ただ、そうなると序盤から最終的なテーマに深く関わる展開を見せる主要登場人物・比呂美に関する描写をどうするのかという不安。
比呂美関連の展開を削ってしまうのも手ですが、どうすると面白さが半減してしまうし、その辺の脚本をどう持ってくるのが期待半分不安半分といった心持ちでした。

最後の不安要素が監督。
本作の監督、佐藤信介の過去作は正直どれも微妙・・・というか正直かなり嫌いな部類の映画でした。
となると今回も・・・というのが最大の不安でした。
ただ、予告編がすごくセンスあったので、その点では楽しみではありました。

www.youtube.com

蓋を開けてみるとこれがものすごく面白かったから大喜びですよ!
シッチェス、ポルトブリュッセル国際ファンタスティック、それぞれの映画祭で賞を撮りまくっただけはありました!
(これらの映画祭はファンタジー映画に焦点を当てていて、ややマイナーながらも面白いSFやホラー作品が多く受賞してる)

グロテスク表現 

個人的にはグロテスク表現って大きく分けて3種類あると思ってるんです。
本作はその3種類のグロテスク表現が全て満足いくレベルで満たされてると感じました。
監督のインタビューを読んだところ、初めからR15+制限を想定した上でテレビじゃできない映画ならではの表現をやってやろうというなんとも高い志が伺え、心底感心&尊敬してしまいました。

人体的グロテスク

私が一番苦手なだけど大好きなグロテスクがこれ。
四肢がちぎれて血がぶしゃーって吹き出したり、内臓が飛び散ったりする人体破壊表現や手術シーンで筋肉や内臓が見えちゃったりする表現。

ZQN(本作におけるゾンビの通称)が人を食べるシーンも血がいっぱい流れてていいんですが、やっぱり白眉はクライマックスの戦闘シーン!
散弾銃で大量のZQNをガンガン撃ちまくるんだから大惨劇!
手足が吹っ飛ぶのはもちろん、腹から内臓がこぼれ落ちていたり、頭が破裂して脳みそが飛び散ったりとそこまでやる!?というレベルの人体破壊がみられます。
銃を使うのは主人公の英雄だけなので、銃以外による人体破壊もいっぱい見られて本当にもう眼福でした。

部分的にはCGを使ってるみたいなんですが、基本的には特撮で頑張ってるということだけあってそのグロテスクさや実物感がすごかったです。
あの地獄絵図を見れただけでゾンビ映画として完璧だと思います。

怪物的グロテスク

造形が気持ち悪いクリーチャーなんかを見たときに感じるグロテスクさを怪物的グロテスクなんて分類しています。
わかりやすいところで言えばエイリアンとかですかね。虫を嫌いな人が虫に対して感じてる感情がこれなんじゃなかと思います。

この点ではとにかくZQNの造形がグロテスク
ZQNは人間の原型を残しながらも顔が腫れ上がって血管が浮いていたり、目が飛び出ていたりとものすごい形相になっています。
これがめちゃくちゃグロくて、何より怖い!!

ベースは人間の形なんだけども、明らかに正常じゃない形をしているので見ていてとても不安な気分になるんです。
特に今回は日本が舞台でZQNもみんな日本人ってのが効いてると思います。
あの不気味な印象は東アジア独特ののっぺりとした顔がベースだからこそ。
和製ゾンビ映画として大正解!!

さらにはZQNの動きもかなりグロテスク。
ZQN化した恋人てっこに英雄が襲われるシーン。ZQNてっこが人間では絶対ありえない動きをして英雄に襲いかかってくるのがこれまたすごく怖い。
こうあるはずというものが予想外すぎる動きをすると人は怖さを感じてしまうんだと実感しました。

精神的グロテスク

個人的には一番怖いと思ってるグロテスク。
人間の残虐性や支配欲、利己心といった負の側面が見えた時に感じる嫌悪感がこれです。
"正しいと信じて行われる暴力"なんてこれの最たる例です。

これもきちんと表現されていました。
例えば英雄たちがタイヤネックレスという処刑方法で殺された焼死体を見つけるシーン。
焼死体の腕に巻かれた針金をさりげなく写すことで、極限状態においてどこまでも残酷な行為を行う人間のグロテスクさを見せつけてきます。

また、英雄の仕事仲間の三谷やショッピングモールにいるDQN(ZQNの語源になったネットスラング。チンピラ、不良的な意味合い)のサンゴは「真に平等の世界が来た」だなんて言ってこの終末的状況を喜んですらいます。
実質的にショッピングモールを支配している伊浦は自分が助かるためには他人を犠牲にすることに躊躇はありませんし、生き残った女性たちをレイプしていたことを示唆する発言すらします。

丁寧な描写

前述した通りのある露悪的なグロテスク表現や恐怖表現だけに終始するのではなく、いろいろな描写を丁寧に重ねていくのも素晴らしかったです。

侵食されていく日常

映画が始まってしばらくは英雄の日常が描かれるのですが、そこにちょっとずつ違和感が挟み込まれていきます
最初のうちは登場人物の後ろの方で流れてるニュース番組の内容がなんか変?くらいの違和感なのですが、それがだんだんと大きくなっていきます。
明らかにZQN化したであろう人間が画面に映りだします。

そして誰もが戦慄するであろう、ZQN化した恋人てっこの襲撃シーンから世界は一気にカタストロフへと堕ちていきます。

じわじわと日常が侵食されていくシーンの積み重ねもものすごく怖いですが、最高に怖いのが加速度的に日常が崩壊していく、街中でのシーン。
英雄の行く先にZQNがだんだんと増えていきます。裸で走るZQN、警察官ZQN、高所から落下してもそのまま動き出すZQN・・・・
英雄はひたすら逃げ惑い、カメラはひたすら追いかけます。
「おいおい、これは想像以上にやばいことになっているぞ・・」という英雄と観客の感情が一致した時点で、大通りに出て曲がり角を曲がった英雄が見たものをカメラも捉えます。
遠景に煙を上げるビル、そして逃げ惑う大量の人々!!ドカーン!!!!!!!!

この一連の日常崩壊描写は100点満点な映画的楽しさに溢れていました。

妄想癖表現

主人公英雄の妄想癖をとても映像的に表現していたのも楽しかったです。
ホワイトアウトやカメラをパンするなど妄想シーンに入るといった説明描写なしで英雄の妄想が始まるので、観客はそれが妄想なのか現実なのか初めは気がつかないのです。

漫画について講釈たれてアシスタント仲間に絶賛されるという妄想、ZQNを撃ち殺そうと銃を構える妄想を得た上で、白眉のロッカーから脱出する妄想のシーンへと繋がっていきます。
ZQN騒動の前や、騒動が始まってすぐは成功する妄想ばかりをしていた英雄でしたが、ZQNから逃げるために隠れたロッカーから脱出しようとした際は「飛び出た瞬間に襲われる」という負の妄想に取り付かれてしまいそこから出ることができなくなってしまいます。
ここで負の妄想に囚われた英雄の描写がまたフレッシュ!
何度も何度もいろんなパターンの「飛び出した瞬間に襲われる」妄想を短いスパンでスピーディに繰り返すことでものすごく緊迫感が生まれていました。

初めはギャグ的な使われ方をしていた"妄想シーン"を後半では緊迫感を出すために使う手腕には舌を巻きました。

伏線とモチーフ

『レヴェナント 蘇りし者』の感想内でも書いた、"生まれ変わり"のモチーフが登場します。
英雄が隠れるロッカーは子宮のモチーフであり、一度母体に戻って再度そこから出てくることで新しい自分に生まれ変わるのです。
事実、ロッカーに逃げ込む前の英雄は銃を持ちながら能動的にZQNと戦うことをしませんが、ロッカーから出た後は仲間を守るために自主的にZQNに立ち向かっていきます
また、ロッカーを出た後は一度も妄想を行わず、現実と向き合い、現実に立ち向かっていくのです。

asunete.hatenablog.com

他にもロレックスが大事なモチーフであり伏線として登場します。
映画の冒頭、ZQNが広まる前、英雄は同期の売れっ子漫画家がロレックスの腕時計をしているのを羨望と嫉妬の眼差しで見つめます。
ここで、ロレックスは富や地位、虚栄心の象徴です。英雄はそういったものに憧れ、執着しているのです。

逃げ込んだショッピングモールでは生き残ったおじさんの一人がロレックスを腕に巻いており、「いくらである」と英雄にも差し出します。
これは富や地位といったものが無価値になったということを表すと同時に、クライマックスシーンで英雄が腕を噛まれた!?と思いきや、大量のロレックスを巻いていたから助かったというギャグシーンにつながります。

そしてさらに英雄は噛み付いたZQNを振り払い、ロレックスを捨てて大量のZQNに立ち向かっていくのです。
この瞬間、英雄はロレックスに象徴されていた虚栄心を捨て、富や地位への執着を捨て、一人の人間としての価値を獲得するのです。アツい!

自己紹介

ロレックスを捨てる前の英雄は「ヒデオです。えいゆうって書いて、ヒデオ」という自己紹介の仕方をします。
しかし、実際の英雄は半ZQN化した比呂美にZQN退治をさせようとしたり、ピンチになっても銃を撃てないヘタレでした。
その後、前述した通り生まれ変わり、比呂美や藪を助ける姿はまさにヒーローそのものでした。

名実ともにヒーローとなった英雄ですが、映画のラストで名前を聞かれてこう答えます。
ヒデオ・・・ただのヒデオです

比呂美関連の描写

あまり触れてこなかったのですが、やっぱり比呂美関連の描写はちょっと微妙かなとも感じてしまいました。
歯がない赤ちゃんに噛まれることで比呂美は半ZQN化するのですが、それについての説明は一切なく話は進んでいきます。

また、中盤で英雄と比呂美が森の中を彷徨うシーンは急にテンポが悪くなってしまったように感じました。
急に挟まれる幻想映像は唐突感が拭えませんでした。
(ただし、幻想的な森の風景の中に無表情で佇む有村架純という絵面は綺麗!)

終盤で比呂美をもっと活躍させた方が映画的にも盛り上がると思ったのですが、それをやると半ZQNの意味わからなささらに浮き彫りになってしまうし、これは当初の不安が的中したような印象です。

総評

ちょっとした不満は残るものの、そんなのは重箱の隅です!
日本でもこんなに面白いゾンビ映画が作られたことを本当に嬉しく思います!

ゾンビ映画の歴史に新たなるページが追加されるその瞬間を見逃す手はないはずです!!